テーマ:言葉

『見える化』を使うのは止めましょう

 『見える化』は未だ使う人が少ないので,皆が使わない様に心掛ければ,今のうちならば忘れ去られて廃れていく可能性があります。  この言葉に違和感がある理由は,動詞に『化』を付けていること,『可視化』という言葉が元々あるのに,敢えて不自然な造語をしていることです。 by 神保雅人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『時限』を『限』と言う勿れ

 前任校では長年教務委員会に所属し,委員長も務めていた身として,最近気になる言葉は,『1限,2限,・・・』というものです。正しくは,『1時限,2時限,・・・』なのですが,最近は省略語が流行っている様です。  しかし,漢字の一文字一文字にはそれぞれ意味があることを意識していれば,単に『限』では何を区切っているのかが判らず,可笑しな表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滂沱について

 5年前の2月に『号泣の意味も知らずに』という記事の中で,「大粒の涙を出して泣くだけでは,『滂沱の涙を流した』といった表現はしても,『号泣した』とは言えません。」と書きましたが,今回はその『滂沱』(ぼうだ)についてです。  手元にある『広辞苑 第四版』では,   ぼうだ【滂沱】①雨の激しく降るさま。明月記「雨漸く―」 ②涙の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漢字は表意文字です。

 最近,漢字の一文字一文字にそれぞれの意味があるということが忘れ去られつつあります。二文字以上の熟語でもそれを構成するそれぞれの漢字の持つニュアンスを引き継ぎます。  ここでは,『受領』という言葉を例にとって考察します。  先ず,『受』及び『領』が一文字でどの様な意味合いを持つのかということですが,漢和辞典の代わりに『新漢英…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『退出』を用いましょう

 最近気になるのが,『入室』と対になる言葉です。『退室』なるものをよく見掛ける様になりましたが,少なくとも,広辞苑第二版にはそのような言葉は掲載されていません。  『入』と対になるのは『出』ですが,『出室』という言葉はないので,やはり『入室』と対になるのは『退出』しかなさそうです。なお,『退』は『さがる』,『出』は『でる』の意です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

単位を落とさないように

 ここでいう単位は授業科目を履修して得られるもののことではありません。m (メートル) やg (グラム) といった長さや重さをはかる際の単位です。  最近はTVやラジオのニュース等では,『キロ』,『センチ』,『ミリ』の後に単位を付けずに表現することが多くなりました。これらはk (キロ) = 103,c (センチ) = 10-2,m…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本国憲法 第二十六条

 昨年書いた『子女』の本来の意味という記事が良く読まれているようですので,関連した話題を提供したいと思います。  『子女』という言葉が本来の意味で使用されていた有名な例として,日本国憲法の条文があります。以下は電子政府の総合窓口 イーガブからの引用です。 第二十六条  すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感涙にむせぶ

 以前,『号泣の意味も知らずに』という記事を書いたら,今なおアクセスは続いていますが,最近では,『号泣』の誤用は結構認知されてきたようです。  しかし,今週の新聞記事の表題では『大粒の涙』と書かれたものがあり,『号泣』が誤りだとなると,感動して泣いているというニュアンスを伝える言葉が思い浮かばないというのでは困りものですね。  誤用…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大人数・小人数の読み方は?

 このトピックは,論理的思考に長けた方であれば納得していただけると思いますが,数は『大小』,量は『多少』で対比します。この原則が守られていた時代からある,昔ながらの日本語に,『大人数』及び『小人数』があります。  この読み方はと言えば,それぞれ『おおにんずう』,『こにんずう』です。昔の辞書にはこの読み方しか載っていませんでした。問題は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『子女』の本来の意味

 『子女』という言葉は,本来の意味で使われる場合と,意味を取り違えた使い方(誤用)が定着してしまった場合とがあります。誤用としての使用法も辞書に載ってしまったことから,もう取り返しがつかないのかもしれません。  元々『子女』という成語に於いて,『子』は男の子,『女』は女の子を意味し,『子女』の組み合わせで「男の子と女の子」,「子供」を…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ITとICTと

 今晩9時台のTVニュースを視ていたら,ルワンダが急速に経済成長を遂げたという話題を提供していただいて,そのこと自体は初耳なので有り難かったのですが,盛んに繰り返される『IT化』という用語に違和感を覚えました。  ソフトウェア開発の人材育成で留まっていれば,左程違和感はありませんでしたが,国土に光ケーブルを張り巡らせ,ネットワークの利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『正直...』,『原則...』

 学生のレポートを採点していると,話し言葉で書いてくる場合が多くなりつつあり,その点は指導する側の課題だと思いますが,漢字の間違いや文章表現を添削しながら気付いた,最近の言葉遣いの困った点について紹介します。  話し言葉で書かれたレポートでは,結構な割合で,『正直...』という表現が見受けられます。初めは,『正直言って,...』と朱書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訂正記事

以前,『「プロマイド」ではありません』という記事を書きましたが,原紙は「ブロマイド」であるのに対して,芸能人の写真を焼きつけたものには「プロマイド」という商品名が付けられていたとのことで,お詫びして訂正いたします。 世の中,辞書に載っている言葉がすべて正しいとは限らないという好例ですが,今後はもっと丹念に調べてから記事を書きたいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『それぞれのインターネット』??

 最近,カーラジオの番組を聞きながら走っていると,アナウンサーの方々が『それぞれのインターネット』とか『パソコンや携帯電話のインターネット』とか不思議なことを仰るのを,ある局では頻繁に耳にするので,その原因について考察してみたいと思います。  中には,「それぞれのインターネットは"each internet"と考えれば,"the In…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

声を『あらげる』??

 本日は,授業終了後,リード エグジビジョン ジャパン株式会社主催の『SODEC 第18回 ソフトウェア開発環境展』を見に,東京ビッグサイトに出かけ,同時開催の『第3回 ダイレクト マーケティングEXPO』,『第3回 Web2.0マーケティング フェア』,『第12回 組込みシステム開発技術展』,『第1回 グリーンIT EXPO』を短い時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

号泣の意味も知らずに

 近頃,TV・ラジオのアナウンサーから新聞記者に至るまで,『号泣』という言葉を誤って使用される方々が増えています。数年前にTVのバラエティー番組で,ある芸能人の方が『映画を見て号泣しました。もう,大粒の涙ですよ。』と語られるのを聴いて,おかしいと思っていましたが,徐々に誤用が浸透してしまったようです。  例えば,卓球の選手が様々な困難…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

えっ!! 『汚名を挽回』!?

 本日は帰り掛けのカーラジオでニュース解説を聴いていたら,解説委員の方が『汚名を挽回』という表現を用いられていました。そうすると,その対になる言葉は『名誉を返上』なのでしょうか?  まあ,これは間違って覚えていらっしゃる方々の比率の高い言葉の一つですし,ラジオには聴取料は支払っておりませんので,咎め立てをしようというわけではありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

留学生からの質問

 今週水曜日に,外国人留学生から,「昨日の晩のニュース見ましたか?」と訊かれましたので,「ノーベル物理学賞のことかな?帰り掛けのラジオで第一報を聴いて,帰宅後にテレビのニュースを見たけれど。」と答えると,「すごいですね。でも,テレビや新聞の報道で南部先生まで含めて『日本人が3人』と言っているのは変ではないですか?」という質問を受けました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『きめ細やか』??

 昨年,Web上のコラムに『きめ細やか』という表現は如何なものかと書き入れましたが,徐々に賛同いただける方々が増え,ブログでの引用も見受けられるようになりました。(出典は明示されていませんが,文章表現は同一性が高いものです)  相変わらず,この表現が流行のようですので,コラム by 神保雅人の言葉遣い考2 気になる誤用 (2007/1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more