Windows 10 無料アップグレード (速報)

 本日,自宅のデスクトップPCのタスクバーに見慣れないアイコン(下図の赤丸で囲った箇所)が加えられましたので,何かと思ってマウスポインタを近づけたところ,『Windows 10 を入手する』というヒントが出ました。
タスクバー上のアイコンの画像


 そこで,右クリックメニューの中の『Windows 10 の詳細を確認する』を選択して,表示されたWebページを読みましたので,ここに簡単に紹介します。先ずそのページからの引用を掲載します。

====== 『Windows 10 の FAQ とヒント - マイクロソフト』より引用 ========
Windows 10 への無償アップグレードは、Windows 7 SP1、Windows 8.1 Update、Windows Phone 8.1 のいずれかのデバイスをご利用のお客様に限り、期間限定で実施いたします。無償アップグレードのご予約で、提供開始と同時にいち早く Windows 10 をお使いいただけます。 Get Windows 10 アプリで 無償アップグレードを今すぐご予約ください。
=============================================================

 私の利用環境は,Windows 7 SP1ですので,該当します。このFAQを読み進めていくと,上述のアイコンの『Get Windows 10 アプリ』を起動してメニューを開けば,事前にPCのチェックを行えるとありました。タスクバーのアイコンなので,クリックすればそのまま起動します。
Get Windows 10 アプリの画像


 メニューは左上のボタンをクリックすれば出て来ます。(これは見当を付けてクリックしてみたら当たっていました。)
メニューの画像


 この中の『PCのチェック』を選択すると,システムの概要を読み取って素早く結果が出ます。これがあまりにも早く出てきますので,ハードウェアはともかく,ソフトウェアは大丈夫だろうかと心配になる程です。
互換性チェックの結果の画像


 なお,自宅のデスクトップPCはハードウェアが相当古いので,図の様にディスプレイアダプタに互換性が無いという結果が出ました。これはWindows 7 にアップグレードする際に既に問題になっていましたが,その折にはWindows XP用ドライバを後から入れ直して凌ぎました。(詳細は Windows XPからWindows7へのアップグレード を参照してください。) 今回は予約を一時保留して,古いアプリケーションソフトウェア等の扱いについて暫し考えることにします。

 また,ノート型PCを起動してインターネット接続したら,そちらにも数分後に上述のアイコンが現れました。こちらのメニューには『PCのチェック』が表示されず,その代わりに『PCの準備完了』と書かれていましたので,それを選択したら,『問題はありません』という結果が表示されました。こちらには新しいソフトウェアしか入っていませんので,早速,『無償アップグレードを予約する』を選択して,手続きを行いました。

 Windows 7 にアップグレードしてから余分なサービスが動いている為に,動作が鈍くなったネットブックに関しましては,解像度が1024×600ピクセルで必要なシステム要件を満たしていませんので,上述のアイコンは現れませんでした。そのうちWindows 7 のサポートが停止したら,Linuxの軽量ディストリビューションでも入れてみようと思います。(持ち運びにはこの重量が捨て難いのです。)

by 神保雅人


(追記)

 本日,システム用件を再確認したら,画面の解像度は1024×600ピクセルに変わっていました。なお,研究室のデスクトップPC (64ビット版Windows 7 Ultimate搭載) では『Get Windows 10 アプリ』の白いアイコンは表示されていません。FAQを見ると,

====== 『Windows 10 の FAQ とヒント - マイクロソフト』より引用 ========
•ご利用のデバイスは無償アップグレードの対象ですが、Windows 10 をご利用いただくために必要な、デバイスドライバーをはじめとする更新プログラムを準備中です。
=============================================================

という場合もある様です。      (2015/6/2)


(追記2)

 ネットブックは基本的にはアップグレード可能となりましたが,研究室のデスクトップPCはシステム要件を満たしていないことが判りました。Windows 10 の仕様のページに次の追加用件がありました。

====== 『特定の機能を使用するための追加要件』より引用 ========
64 ビット PC に 64 ビット版 OS をインストールする場合、プロセッサが CMPXCHG16b、PrefetchW、LAHF/SAHF をサポートしている必要があります
=========================================================

これをPentium Dが満たしているのかどうかを調べる代わりに,Windows 8.1 も同様な要件を設定していましたので,その互換性チェックツールをダウンロードしてチェックしたところ,対応していないという結果が出ました。

 これからWindows 7 の32ビット版を購入してインストールし直すのは面倒なので,サポート停止になったら別のことを考えることにして,主だったソフトウェアを新規購入のPCに移設していくことを考えた方が良さそうです。      (2015/6/4)


(追記3)

 研究室のデスクトップPCは64ビット版だから問題になるので,32ビット版を新規購入して,インストールし直す決心をしました。この場合,上書きインストールは出来ないので,カスタムインストールとなります。しかし,このPCは自分で組み立てた物なので,通常のメーカー製の様なおまけソフトウェアは無く,全て新規購入のアプリケーションソフトウェアをインストールしてありますから,データさえバックアップしておけば,手間は掛かるものの,アプリケーションソフトウェアを再インストールするだけで済みます。

 Windows 7 のエディションとして,Ultimate の32ビット版は入手し難くなっていますので,今回はAmazonに『Microsoft Windows 7 Professional 32bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD LCP 【紙パッケージ版】』 (16,298円) を注文しました。これは昨年11月にノート型PC用に購入したもの (詳細は『Windows Vista環境からの脱出』の記事を参照して下さい。) と同等品で,Amazonが直接販売しています。前回の注文時は15,932円でしたが,今回の注文後にAmazonのページを見に行くと,私が注文を出した影響で価格が17,816円に吊り上げられました。段々品薄になってきたからだと思います。      (2015/6/8)


(追記4)

 Windows 7 のメインストリームサポート終了日は2015年1月13日でしたが,延長サポート終了日は2020年1月14日ですので,研究室のデスクトップPCのWindows 7 Ultimate 64bit Service Pack 1 は暫くそのままにしておくことにしました。データバックアップやソフトウェアのインストールのし直しが面倒で,今は時間が無いからです。

 この方針変更に伴い,『Microsoft Windows 7 Professional 32bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD LCP 【紙パッケージ版】』は,数年前に購入して未だ Windows 7 に移行していなかったPCに適用することにしました。      (2015/6/15)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Windows XP用のデバイスドライバ

    Excerpt:  以前,『Windows XPからWindows7へのアップグレード』という記事で悪戦苦闘ぶりを書きましたが,Windows XP用のデバイスドライバに関しましては,ネット上で苦労して探さなくても,W.. Weblog: Dr. 神保のブログ@biglobe racked: 2015-06-25 11:58
  • Windows 7 から Windows 10 へのアップグレード事例

    Excerpt:  『Windows 10 無料アップグレード (速報)』という記事の続編で,実際にアップグレードを行った結果の事例集です。 -------------- Weblog: Dr. 神保のブログ@biglobe racked: 2015-08-12 03:10