工程表の作成

 明日から休み明けの授業が開始されますが,今年最初の科目は『研究入門』と名付けられた,1年次配当の所謂教養ゼミです。これまで,発表能力の涵養を中心として,ディベートを実施したり,色々なテーマで文章を書いてもらったりしてきましたが,年末にA4判4ページに渡る書式指定のレポートを提出してもらい,その内容の発表会も終わりましたので,残りの時間はグループワークに充てることになっています。
 このグループワークの題材として,表題の『工程表の作成』を実施しようと以前から学生達には告げていましたが,工程表は業界によって様々な形式がありますので,本日は,ここに示す様な入門編の書式を作成しました。設定は学生達が2年次以降にゼミ旅行を企画し,その準備を行うというものです。クラスを2班に分けて工程表を作ってもらい,最後の授業では各班の内容を発表してもらうことを考えています。
画像

 もう少し時間が残っていたら,企画書の作成も実施したかったのですが,その辺は学生プロジェクト等で学んで欲しいところです。
 なお,前任校では,システム入れ替えの度に納入業者が作成する工程表の内容チェックをしていましたが,現在はそういう立場からは離れていますので,最近は工程表には接していません。

by 神保雅人

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック