手を動かすことの大切さ

 前任校では,プログラミングの他にネットワーク関係の授業を担当していました。その中で,『ネットワーク管理演習』という科目では,古いPCと,スイッチングハブ及びルータとを用いて,小規模なLANを構築することが目的でした。学生にはそれぞれのPCにLinuxをインストールさせ,DNSの設定を行わせ,ネットワーク管理ツールの使い方を体験させるという内容です。
 そこでは,日頃,講義科目の成績は良く,PCの扱いには慣れている学生でも,不得手なことがあることが判りました。初めの方の授業でツイストペアケーブルを自作させたのですが,ケーブルの先端の被覆を剥がし,撚り対線を決められた順にコネクタに並べ,かしめ工具で圧着させるという作業に手間取るのです。
 小学校の図画工作の時間に,危ないからと言って彫刻刀が使われなくなって久しく,初等中等教育で実験があまり実施されていないと聞き及びますが,大人達が巧くコツと危険回避法とを教えて,手を動かす機会を増やしてあげた方が良いと思います。
 今時の子供達は,幼少期からゲーム機のコントローラの様なボタンばかり触って過ごし,長じてからは携帯電話のボタンばかり操作しています。
 学生達には,PCのキーしか触らないということのないように,色々なものにチャレンジしてもらいたいと思います。

by 神保雅人

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック