第19回ソフトウェア開発環境展

 昨日から明日にかけて,リードエグジビションジャパン株式会社主催の『第19回ソフトウェア開発環境展(SODEC)』が開催されていますが,今回は,いつもながらのWebによる事前登録でいただいた無料券と共に,基調講演を無料招待の扱いにしていただいたこともあり,私こと神保雅人は午前中の授業終了後に東京ビッグサイトに出かけました。
 基調講演の講演者は,株式会社日立製作所の執行役常務,佐久間嘉一郎氏で,題目は『社会イノベーションとITの進化 ~環境と情報とエネルギーの世紀を切り拓く~』,時間は90分間でした。配布資料には含まれていない,株式会社日立製作所の100年というお話しから始まり,本題に入ると,今や社会インフラストラクチャとして欠かせない,クラウドコンピューティングをミッションクリティカルなレンジまで拡張した,"Harmonious Cloud"を提唱し,高信頼クラウドサービスを目指すという示唆に富んだお話しでした。
 短めのビデオが処々に挟まれていて,また,通常の社会インフラストラクチャも手掛けている企業だけあって,豊富な実例と結びついた提案には説得力があり,「今後のサービスイノベーションにはクラウドコンピューティングは不可欠である」と思わせる内容でした。
 終了後,ソフトウェア開発環境展の展示場もチェックしに行き,主に同時開催されている,『第1回クラウドコンピューティングEXPO』のブースを見て回りましたが,クラウドコンピューティングへの取り組みは出展企業間でも温度差があるように見受けられました。
 サービス創造学部では,9月下旬から2年次配当科目の『情報システム』が開講となりますが,その頃までにどの位,こういう分野が進んでいるか楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック